mokuromi.com

もくろんでいることを書いていく

妖怪ウォッチって?価値組消費って?日経MJ2014年上期ヒット商品番付の項目を140文字で説明してみる

 

毎年恒例の『日経MJ2014上期ヒット商品番付』が発表された。が、しかし、これってなんのこと?というのがチラホラある。

そこで、時間のないお忙しい皆さんのために、ざっくり読めるようにTwitterの文字数である140文字でそれぞれの項目を説明してみる。知らなかったことがあれば、職場や学校で使って物知り気取りをしていただければこれ幸い。

まずは日経新聞より、今回の番付はこちらの通り。

hit-banduke

今回はこの中で、話のネタとして出てきそうな小結までの8項目を説明する。いくつかはわかっても8個全部を把握している人は少ないと思うので、ぜひ活用してもらいたい。

 

横綱

東「格安スマホ」

kakuyasu-smapho

mainichi.jpより)

端末代と月額使用料を合わせても格安で使えるスマートフォン。イオン・ビックカメラ・ヨドバシカメラなどで販売。通信インフラを大手から借りているため料金が抑えられる仕組み。一部使えない機能もあるが、契約の縛りがないことも多く、スマホを安く使いたいニーズに応えてシルバー世代を中心に人気。

【参考】[イオン]格安スマホのメリット・デメリット、MNP乗換も[ビックカメラ]

西「アナと雪の女王」

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック「英語版」

王国の姉妹の話。姉が色々あって閉じ籠もってるのに、脳天気に雪だるま作ろうと歌ってくる妹。やがて成長した姉が女王になる戴冠式の日、妹が初対面の男と結婚すると突然言い出すので怒ったら、姉の魔法で冬になっちゃうし客はビビっちゃうしで、レリゴー。でも結局妹は男よりも姉を選んだ。夏が来た。

【参考】ディズニーのキーマンが分析。『アナと雪の女王』が愛される理由

 

大関

東「価値組消費」

kachigumi-shohi

dennys.jpより)

消費税が5%から8%に増税になった影響で消費が落ち込むと思いきや、「価値ある」高額商品の消費は衰えず好調であることを指す言葉。デニーズでは増税後のタイミングで高額メニューをあえて導入して売上を伸ばし、西武百貨店では2万円前後のパンツの売上が増加。「勝ち組消費」と揶揄されることも。

西「駆け込み消費」

kakekomi-shohi

ameblo.jpより)

4月1日に消費税が5%から8%に増税になる前の年度末に、高額商品やずっと使う日用品を買ってしまえと消費が伸びたことを指す言葉。あまりにみんなが買いたがったせいで行列に並ぶ必要があったり在庫不足で手元に商品が来るのが遅くなったりしたため、そんな言うほど得だったのか…?という空気も。

 

関脇

東「レジェンド(ソチ五輪)」

kasai02

asahi.comより)

オリンピックに史上最多の計7回出場し、2月に開催されたソチオリンピックでは個人で銀と団体で銅の2つのメダルを獲得したスキージャンプ選手、葛西紀明のこと。その活躍で世の中の独身男性に勇気を与えるも、実はメダルを獲得した日に電話でプロポーズしていたことが発覚。ブログでは顔文字を多用。

【参考】葛西紀明オフィシャルブログ「神風ジャンパーの挑戦」Powered by Ameba

西「妖怪ウォッチ」

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ

小学生男子を中心に人気のニンテンドー3DS用ゲームソフト。ポケットモンスターの妖怪版のようなゲームシステムで、アニメ・漫画・おもちゃなど複数メディアに展開。中でもゲーム内で登場する「妖怪ウォッチ」とそこにセットする「妖怪メダル」のおもちゃが大人気で、ネットでは高額取引されている。

【参考】グッズ売り切れ続出、大化けした妖怪ウォッチ

 

小結

東「NISA」

nisa

allabout.co.jpより)

株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度。NISA口座で取引すると、年間で資金額100万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税となる。と、ここまで読んでどれくらいお得なのかイマイチわからないという人はおそらく手を出さないほうが吉。

西「Vine」

Vine

eggboss.comより)

6秒間の動画をショートムービーとして録画することができるスマートフォンアプリ。作成した動画は自分で保存するだけでなく、Twitterと連携して拡散することができる。日本では、ギャグセンス溢れる女子高生Reika Ozekiさん作成の動画によって、その活用方法も含め一気に広がった。

【参考】ネットで話題騒然!現役女子高生Reika Oozeki (@xtxx_mhz)のVine動画の破壊力が尋常ではない!

 

毎回思うけど、ヒット”商品”番付という割に対象が広すぎる感。アプリやサービスは目をつぶるとしても、レジェンド葛西は売り物じゃないし。

でもこうやってランキング化されたものを追いかけるのは、きっと大事。知っていると知らないとでは大違いなので、簡単にでもわかって自分の言葉で説明できるようにしといたほうがいいかなと。

そんなわけで、あっという間に2014年も折り返し間近。下半期はどんなことが話題になるのか、楽しみだ!

関連記事

 - 「ネタ全般」の一覧を読む