さよなら「Internet Explorer 6」!全Web制作関係者に捧げる芸術的なダンクシュート!

ネタ全般

近年はWeb制作に関わる人たちにとって目の上のたんこぶでしかなかった「Internet Explorer 6」のサポートがついに終了する。

microsoft-top
Microsoftの公式ページでは、下記のように書かれている。

2014 年 4 月 9 日 (日本時間) に Windows XP および Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 の製品サポートを終了させていただきます。

これは本当に良いニュース。動作の不具合やレイアウト崩れ、SSL通信の問題など、このバージョンだけで発生するバグだけでなく、以降のバージョンアップに伴ってシェアが下がってもなお「クライアント社内の環境が…」「役員のパソコンが…」と悩まされてきた悩みの種が、ようやく無くなるのだ。「IEはバージョンが上がるんじゃない、増えるんだ」なんて、名言もあったなぁ…(しみじみ)。

そんな人たちにとって、胸がスカッとするような画像があったのでご紹介。

 

見よ!芸術的でとても美しいダンクシュート!

ie6-dunkshoot
Viralmente Facebookページより)

元ネタは、NBAのロサンゼルス・クリッパーズに所属しているブレイク・グリフィン選手のダンクシュートの画像とのこと。手に持っているのは「IE6」のロゴ、そして行く先のゴールは…ゴミ箱だ。嗚呼、さよなら!そしてありがとう!「IE6」!

ということで、Web関係者の皆さん、お疲れさまでした!