マイナビのクリエイター転職のバナーがクリエイターあるあるでウケつつ割とリアルなので笑えない

広告のこと

マイナビクリエイターのバナーが、クリエイターあるあるのネタ化していて面白そうで、いくつか集めたのでご紹介。

まず、これ。

これくらいならクリエイターじゃない僕でもわかる。

「#000」は、真っ黒です。あ、ってことはブラック企業ってことを示唆してる…?

 

はい、次。

昼間は打ち合わせやら別の作業をしてるとこうなるよね。

どうせ会社にいる時間なんだろうけど、なぜか結構気が重くなる。

 

はい、次。

これはわかる人はウケるし、わからない人はわからないのかな。

まぁ、透明ですよね。

 

はい、次。

「4年目」ってあたりが絶妙。色んな差がでてきて、仕事の差もでてきて、焦る時期。

きっと先輩のフォローとかばっかりやって、手柄は先輩のもの、みたいな。

 

はい、次

昼間はなかなか自分の作業の時間、取れませんものね。

ほどよく落ち着いてきたアフター5からやっと自分の仕事だ、みたいな。

 

はい、次。

これもあるある。ディレクターなのに実際がっつり手動かしちゃって、

ディレクターとしてもクリエイターとしてもどっちつかずになっちゃうっていう。

 

はい、次。

そうそう、いつもパソコンばっかりいじってるし、詳しいもんね!

あ、今度実家のパソコン壊れたから直しにきてー。なんて言われたりして。

 

「クリエイター」って一口に言っても、色んな人がいるんだろうなぁ。でも今回のバナーみたいな訴求が転職の入口になっちゃうとしたら、ちょっとまずいんじゃないかなぁ、と思う。理想論かもしれないけど、なんかもう少し視点をずらして、最終的にはもう少し前向きな感じで着地できるともっといいかなと思っているのだけど。

あと作り手として、今回に関しては単なる静止画バナーでとても頭をひねったところだと思うので、実際これがどれくらいのコンバージョンにつながったのか気になる。(バナーのクリエーティブの評価の仕方についてはちょっと思うところがあるので、それはまたどこかで別記事でまとめることにする)

 

あ、これだけマイナビことばっかり書いてるので一応宣言しておきますが、マイナビさんからお願いされたりお金もらったりして書いている記事ではありません。お金もらったらもっと真面目にちゃんと書きますのでよろしくお願いします。いやぁ、わざわざ言わなきゃいけないのはややこしい時代になりましたね。なーんて芸能人気取りしてもしょうがないけど、記事を書くきっかけをもらったのでせっかくなのでリンクしときます。

 

興味のある方は、ぜひ。