mokuromi.com

もくろんでいることを書いていく

バーグハンバーグバーグのお問い合わせフォームに追加された「お急ぎ具合」機能に感動した

 

バーグハンバーグバーグのお問い合わせフォームがリニューアルされたというので見に行ってみたら、とても感動したので勢いで書く。

※バーグハンバーグバーグとはなんぞや?という人には、働きたい人向けだけど詳しい情報が載ったNAVERまとめがあったのでこちらをご参照くださいませ。

[参考]バーグハンバーグバーグで働きたい人に伝えたい34のこと

直接関わったことはないので巷に溢れる情報を基にしたざっくり個人的な印象としては、「変なことばっかりやってるフザケた会社(※褒め言葉)」

 

リニューアルされたお問い合わせフォームがこちら。

bhb-otoiawase

http://bhb.co.jp/contact

 

背景については触れたら負けな気がするので触れない。

注目したいのは、真ん中の辺りにある「お急ぎ具合」。

デフォルトでは[普通]だけど、全部で5段階になる。

itsudemo

isoideinai

futu

 

sukoshiisoideiru

choisoideiru

挿絵も若干フザケてていい感じ(※褒め言葉)

でもこれ、めちゃくちゃいい仕組みだなぁと思った。

メールにしろLINEにしろ、文字だけでのコミュニケーションだとお互いの”温度感”が伝わらなくて話がすれ違ったりズレたり嫌な想いをしてしまうことは、みんな経験があるはず。

仕事上のメールでは、件名に【重要】とか【FYI】とか付けたりして伝える側の重さを知らせるのはよくやるけど、確かにお問い合わせフォームでこうした”温度感”をわかりやすく示す仕組みって今まであんまりなかった。企業サイトのお問い合わせフォームは相手との最初のコミュニケーションになることが多いだろうから、「お急ぎ具合」を尋ねるのはお互いの”温度感”を共有する意味でとても良いことだと思う。

それにおそらく[普通]かそれ以下にする人の方が多そうなので、「[急いでいない]にしたのに意外と早く返事が来たぞ。いい会社だなぁ。(※実際は今までと返信のタイミングは変わってない)」ということも有り得そう。上手いなぁ。返信する側としても、優先順位が一目瞭然なので気分的に余裕が持てそう。

これ、おカタイ企業も含めてみんな導入すればいいのに。もちろん、段階を分ける言葉の選び方や挿絵を入れるかは別にして。あーでも、クレーム多いところだと余計炎上するのかな…。

実際に使う人の立場になって真剣に考えてるからこそ、こんな仕組みを入れようって発想が生まれるんだろうなぁ。バーグハンバーグバーグ、実はめっちゃ真摯で丁寧な仕事する会社だということがよくわかった!

関連記事

 - 「ネタ全般」の一覧を読む