テニスで「錦織」と聞いて、にしこり…と松井秀喜の顔を思い浮かべて懐かしんでいる大人たちが切ない

ネタ全般

全米オープンで快進撃を続け、堂々の準優勝を果たしたテニスの錦織圭選手。

普段全くテニスに興味のない自分も夜更かしや早起きをして試合結果を追ってしまった。決勝戦後のインタビューも爽やかだったし、今後の活躍も楽しみだ!

 

ところで試合後の錦織選手についてのツイートの中で、こんなものがたくさん見受けられる。

そう、ある一部のこじらせた大人たちにとって「にしこり」と言えば、日本野球界の伝説の名選手、松井秀喜選手のことである。

「錦織」と書いて「にしきおり」と読む人はいたけど、「にしこり」と読む著名人はいなかったから、「にしこり」と言ったら松井秀喜選手の独壇場だったのだ。

それが今や、「錦織」と言ったら「にしこり」なんだから、にしこり界にとっても錦織圭選手の活躍が果たす意味は、本当に大きい。

 

若者の台頭は喜ばしく、時の流れは残酷なもので、松井秀喜選手が引退してからまだ2年なのに、こんな流れが冗談じゃなくなるのもそんなに遠くないかもなぁ…。

かといって、松井秀喜選手の功績が消えるわけではない。これからも声高に「にしこり」は松井秀喜!と言い続けたい。

そんなわけで、偉大なスポーツ選手である2人の「にしこり」に、乾杯!