mokuromi.com

もくろんでいることを書いていく

もはや乙武氏には誰も敵わないんじゃないかと思うやり取りを見た

 

著書『五体不満足』でお馴染みの…と改めて説明する必要もない存在になっている、乙武洋匡氏。身体のハンデを感じさせない多方面での活躍は、稚拙な言葉になってしまうけれど本当にすごいと思う。そんな乙武氏、もう誰も彼には敵わないと思うやり取りがTwitter上であったのでご紹介。

「Twitterを使いこなす小学生タレント」はるかぜちゃんとのTwitter上での会話でのこと。(はるかぜちゃんを知らない方はこちらをご参照あれ→3歳でブログ、9歳でTwitter「都条例ぷんすか(ω)」のはるかぜちゃんに聞く

 

今日はフジテレビのお仕事だったはるかぜちゃん。ところが収録(?)の場所が、湾岸スタジオに変更になったらしい。

 

急いで向かっていると…

 

なんと、歯が抜けた。ってまだそんな歳なのかはるかぜちゃん。

 

 

歯無しで仕事に臨むことになったはるかぜちゃん。そしてちょっと弱音を吐いた彼女のもとに、颯爽と乙武氏が登場。

 

優しくいじりを入れる乙武氏。

 

そして・・・  


もう苦笑だろうがなんだろうが、笑うしかない。こっちが考えているような気まずさや戸惑いみたいな感情も、絶対わかってて言ってるでしょこれ。彼の言う「心のバリアフリー」ってこういうことなんだろう。デブだってハゲだって自分でネタにしてる人がいるんだから、この身体もネタにしていいでしょ?ってことなんだと思う。

ちなみにこの後のはるかぜちゃんとの会話も、とても胸が熱くなるいい会話なので、オススメ。はるかぜちゃんの小学生らしからぬ深い問いかけに、しっかりと自分の言葉で返してあげていて、やっぱりすごい。

おすすめ:togetter – 「はるかぜちゃんと乙武さん「批判と中傷について」」

 

 

【2011年5月28日追記】
この記事が乙武さんご本人にコメント付きRTをいただいたことを受け、記事をもう一つ書きました。よろしければこちらもどうぞ。

乙武さんご本人にコメント付きRTをいただいて大変恐縮してしまった 

関連記事

 - 「ネタ全般」の一覧を読む