mokuromi.com

もくろんでいることを書いていく

U2による9.11アメリカ同時多発テロ追悼のスーパーボウルハーフタイムショーのLIVEが神懸かりすぎ

 

今日は9月11日。忘れられないのが2001年に起こったアメリカ同時多発テロ。こちらも過去の話にするにはまだまだ早いし、しっかりと語り継いでいかなきゃいけない、大事な出来事だと思う。

そこで2002年の2月に行われた、スーパーボウルでのU2のハーフタイムショーのLIVEをご紹介。7分ちょっとある少し長めの動画だけど、ぜひ最初から最後まで観てほしい。

 

 

(以下ネタバレ含みます)

 

まずは曲の盛り上がりに合わせての “America!!!” という叫びに始まり、亡くなった人たちの名前が空に上るようにスクロールしていく演出。本当に多くの人が犠牲になったことがわかる。

でも曲調が変わり、そのスクリーンが落ちてから一気に照明が明るくなってからの、手でハートマークをつくって “Love, Love, Love”の大合唱。そして後にTIME誌の表紙を飾ることになるジャケットを翻す名シーン。最後は”It’s all I can do” という歌詞を、 “It’s all WE can do” と替えて歌い切ったのだ。もう、一連の流れの全てがカッコよすぎる…。

テロが起こってからようやく半年というタイミングで、しかもアメリカだけでなく、世界中が注目するスーパーボウルのハーフタイムショーでの、このパフォーマンス。賛否両論はあっただろうけど、勇気づけられた人はたくさんいるはず。

これをアイルランド人で組まれたバンドのU2が演ったのが、すごい。そしてこれを演るのを許したスーパーボウルの関係者も、すごい。音楽ってやっぱり、すごい。

 - 「音楽ネタ」の一覧を読む