3月11日がハッピーな日でもあったことがわかる『ハッピーバースデイ 3.11』に感動した

動画ネタ

東日本大震災が起きたのは2011年3月11日。月日は流れ、ほとんどその影響を受けずに、特に不便なく生活している自分。

もちろんさらっとまとめてしまうのは失礼と思いつつ、日本ユニセフ協会の映像に感動してしまった。というか、泣いた。

 

ハッピーバースデイ 3.11

2011年3月11日、多くの命が失われたその日、被災地で生まれた新たな命。この子­どもたちに「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちをこめて、そして、子どもた­ちの瞳に映る未来を思いながら、日本のこれからを考えていきたいというメッセージをこ­めた映像。

この子たちが、自分たちの生まれた日がどういう日だったのかを理解するのはもう少し先のことだろうけど、すくすくと成長していってくれたらいいなぁ。 今後、ひょっとしたらあんまりおおっぴらにお祝いしてもらえないのかもしれないけど、周りの人たちは心から「おめでとう」って声をかけてあげてほしい。

僕たちは大人として、この子たちが元気に健やかに生きていける世の中をつくっていけたらいいなと思う。

 

3歳のお誕生日、本当に、本当におめでとう!