mokuromi.com

もくろんでいることを書いていく

SHAKE100イベント第一回『日本産スタートアップの未来−ビジネス・サービス編−』に行ってきた

 

元々参加してたSNSの主催で、こんなイベントがあって面白そうだったので行ってきた。

shake100_1st

http://shake100bizapp.peatix.com/

個別の説明は割愛するけど、GunosyQixilU-NOTE、Startup ideas & Framworkの中の人たちのパネルディスカッション、とても興味深く聞けたし楽しかった!

 

ということで、個人的な感想を連ねてみる。

まず壇上の四方+モデレーターのアドマンさんはイメージ通り自信満々な感じで、ちゃんと自分の言葉で語っていたのが印象的。やっぱりベンチャーの人はこうでなくっちゃ。それぞれの人とサービスの考え方や働き方の対比も面白かった。このメンバーの話を一度に聞ける機会もそうそうないと思うので、それだけで満足。

でもだからこそ、「どうして一般企業への就職ではなくスタートアップへの道を選んだのか」の質問に対して、「疲れた顔で電車に乗る社会人がカッコ悪くて…」みたいなどっかで聞くポジショントークに聞こえる答えだったのが残念。自分の場合はむしろ仕事を楽しんでる先輩方が周りにいることが多いから、まだそういう考えがあるんだったら若干視野が狭くてもったいないなぁと。(ってこれもポジショントークだけど。)

 

あとやっぱり自分の領域に絡めて感じたのは、スタートアップの人と広告の人の距離がもっと近くなれば、もっと面白いことできそうだなってこと。サービスを広めて話題化していくのだって広告のフレームでまだまだ応用できる部分が多いだろうし、それこそ多くのユーザーに「ファンになってもらう」ためのストーリーのつくり方なんて、今まさに自分がやってることそのまんまだし。

あんまり印象が良くなさそうな広告会社だけど、現在進行形の事業内容をケイパビしたらちょっとは印象変わるかな。。自分だったらこのサービスにどういうストーリーをくっつけて伝えるかなぁ…なんて少し考えてしまった。

さらにぶっ飛ばしたいなら、それこそDやHの大御所クリエーティブディレクターがスタートアップの立ち上げ期から入るのも、なかなか刺激的なんじゃないかなぁ。もちろん領域として重なる部分もあればそうじゃない部分もあるし、お互いにwin-winになるかはわからないけど、もっともっと面白くなりそうって予感はする。

 

んー…まだまだ語りたいことはあるけどキリがなくなるのでこのへんで。

 

このイベントはサイバーエージェントの「SHAKE100」というビジネスイベントコミュニティの第1回で、今後も色んなテーマがあるようなので興味ある人は一緒に行きましょー。そしてこういう社交的な場がニガテなのでササっと帰ってきちゃったけど、次の機会には他の皆さまと絡めたらいいな…。

 - 「日記とか」の一覧を読む